沿革

1972 東京都目黒区に伊藤ハム(株)中央研究所設置
1987 米国シリコンバレーに「アメリカンペプタイド社」を設立
1990 茨城県守谷市に伊藤ハム(株)中央研究所竣工
1991 ヘム鉄素材「ヘムロン」発売
1992 原薬「トロンビン」製造業許可取得
GMP対応ペプチド合成プラント完成
1994 原薬『エルカトニン「イトウ」』承認取得
1995 豚肝臓酵素分解物「レバーHi」発売
1996 グルカゴン製剤『注射用グルカゴン「イトウ」』承認取得
1999 ブセレリン酢酸塩製剤「イトレリン」承認取得
2000 伊藤ハム(株)ヘルスサイエンス事業部発足
2002 米国カリフォルニア州ビスタ市にアメリカンペプタイド社GMP工場竣工、
パルナパリンナトリウム製剤「ミニへパ注500」承認取得
2003 伊藤ライフサイエンス(株)設立
「動物用イトレリン注射液」承認取得
食品素材「L-カルニチン」「L-カルニチンフマル酸塩」発売
2004 ダルテパリンナトリウム製剤「リザルミン注1000」承認取得
2008 伊藤ライフサイエンスグループの全株式を
伊藤ハム(株)より大塚化学(株)へ譲渡
2009 伊藤ライフサイエンス(株)からILS(株)へ社名変更
2011 食品素材「L-カルニチンL-酒石酸塩」発売
2014 高濃度水溶性ヘム鉄素材「ヘムロン2HiWS」発売
2015 食品素材 国産「L-カルニチンA 」「L-カルニチンフマル酸塩A」
「L-カルニチン酒石酸塩A」発売
「Bachem社」へ「アメリカンペプタイド社」の株式を譲渡
デスモプレシン製剤『デスモプレシン点鼻スプレー0.01%「ILS」』承認取得
「Bachem社」との日本国内総代理店契約締結

このページのトップへ