• L-カルニチンとは
  • お役立てられるケース
  • 製品案内

L-カルニチンの製品案内

国内外の動向

欧米などでは

欧米などでは、医薬品としても活用されており、関連論文は多岐の疾病に渡ります。また、脂質をエネルギーに変える担い手としてのL-カルニチンの働きに着目し、ダイエット食品やアスリート食品、健康維持のためのサプリメントに、幅広く利用されています。また、赤ちゃんはL-カルニチンの生合成能の発達が不十分のため、乳児用食品、粉ミルクにも使用されています。

日本では

日本でも、長年医薬品として使用されてきましたが、2002年12月に「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リスト」として食品での使用が認可され、食品用途で利用が可能になりました。ダイエット食品やアスリート食品、美容食品などのサプリメント、飲料、乳製品、粉末飲料など様々な形態の食品に使用されています。

このページのトップへ

ILS株式会社のL-カルニチン

ILS株式会社では、3種類のL-カルニチンを取り揃えており、用途に応じてご利用いただけます。

品名 L-カルニチン L-カルニチンフマル酸塩 L-カルニチンL-酒石酸塩
主成分 L-カルニチン L-カルニチンフマル酸塩 L-カルニチンL-酒石酸塩
L-カル二チン含量 98.0~102.0% 56.5~60.5% 66.7~70.7%
主な
用途
飲料、液状品、
ゼリー品向け
粉末、サプリメント向け 粉末、サプリメント向け
商品
画像
L-カルニチン L-カルニチンフマル酸塩 L-カルニチンL-酒石酸塩
L-カルニチン
溶解性が高く、飲料・ゼリー・ゼリー飲料などに適しています。
L-カルニチンフマル酸塩
L-カルニチンの吸湿性の高さを改善したタイプであり、錠剤・カプセル・顆粒・粉末などに適しております。また、まろやかな酸味を有しており、ゼリーや飲料などにも活用して頂けます。
L-カルニチンL-酒石酸塩
L-カルニチンの吸湿性の高さを改善したタイプであり、錠剤・カプセル・粉末などに適しております。また、酒石酸はブドウ固有の有機酸として知られており、酸味をいかした商品作りや酸性タイプのゼリーや飲料などにも活用して頂けます。

このページのトップへ

歴史

1905年
肉エキスより発見(単離) <Gulewitchら,Kutscherら>
1927年
カルニチンの分子式を確立 <Krimbergら>
1948年
チャイロゴミムシダマシの幼虫の成長因子発見(ビタミンBT) <Fraenkelら>
1952年
カルニチンがビタミンBTと同一化学構造であることをFraenkelが立証
1955年
カルニチンが脂肪酸の酸化に重要な働きを持つことが分かる <Fritz>
1962年
ミトコンドリアへ脂肪酸を運ぶことを解明 <Fritz and Yue>
1996年
伊藤ハム(株) L-カルニチン含有牛肉抽出物「カルニッチ」販売開始
2002年
厚生労働省「L-カルニチン」食品扱いに
2003年
伊藤ハム(株)「L-カルニチン」販売開始
2003年
伊藤ハム(株) 「L-カルニチンフマル酸塩」販売開始
2003年
伊藤ライフサイエンス(株)設立により伊藤ハム(株)より事業継承
2008年
伊藤ライフサイエンス(株)が大塚グループとなる
2009年
伊藤ライフサイエンス(株)ILS(株)に社名変更
2011年
ILS(株) 「L-カルニチンL-酒石酸塩」販売開始
2015年
ILS(株) 国産「L-カルニチンA」、「L-カルニチンフマル酸塩A」、「L-カルニチンL-酒石酸塩A」、中国産「L-カルニチンフマル酸塩S」販売開始
2016年
ILS(株) 中国産「L-カルニチンS」、「L-カルニチンL-酒石酸塩S」販売開始
食生活は主食、主菜、副菜の食事バランスが基本です。サプリメントは補足として理解した上で有効に使いましょう。

このページのトップへ