静岡県立大学薬学部との共同研究論文が2題PubMedに登録されました。

静岡県立大学薬学部との共同研究論文が2題PubMedに登録されました。

2010年10月18日
 
  1) Onoue S, Hanato J, Kuriyama K, Mizumoto T, Yamada S.
 
      Development of PACAP38 Analogue with Improved Stability:
       Physicochemical and In Vitro/In Vivo Pharmacological
       Characterization. J. Mol. Neurosci., (2010)
      (Ⅱ型糖尿病治療効果が期待できる神経ペプチド PACAP 誘導体を共同開発)
 
      PubMed参照 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20585898
 
  2) Onoue S, Sato H, Ogawa K, Kawabata Y, Mizumoto T, Yuminoki K,
    Hashimoto N, Yamada S.
 
       Improved dissolution and pharmacokinetic behavior of cyclosporine
       A using high-energy amorphous solid dispersion approach.
       Int. J. Pharm., (2010)
     (経口吸収性が極めて高い新規な易溶性シクロスポリン製剤技術を共同開発)
 
      PubMed参照 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20705124
 
 
  詳細情報は弊社までお問い合わせください。
  ペプチドほっとライン:0297-45-6761

このページのトップへ