食品と開発3月号「主要素材動向」特集に「L-カルニチン」と「肝臓エキス」が紹介されました。

食品と開発3月号「主要素材動向」特集に「L-カルニチン」と「肝臓エキス」が紹介されました。

2014年03月10日

食品と開発3月号「主要素材動向」特集に「L-カルニチン」、

「2014年の注目の機能性と素材」特集に「肝臓エキス」が紹介されました。

是非、掲載記事をご覧ください。


=素材情報=

*「L-カルニチン」

脂肪酸がミトコンドリアへ入る時に、L-カルニチンが必要となります。

脂肪燃焼のお助け役として知られております。

日本ではダイエットやスポーツ素材で人気があり、持久力アップや抗疲労効果が期待できます。

そのほかに、脳機能やアンチエイジング分野でもお役立ていただけます。

また、肝臓健康維持、ロコモティブシンドロームなどにもご活用いただけます。


*「肝臓エキス(レバーHi、レバーペプチド)」

  肝臓の健康維持の他、BCAAやアラニン、オルニチンなども含まれており、

  アルコール対応や滋養面などの健康維持にもお役立て下さい。



このページのトップへ