株式会社 ILS

機能性食品
Functional foods

NMN

NMN
Nicotinamide Mononucleotide

NMNは、サーチュインの補酵素NAD+(二コチンアミドアデニンジヌクレオチド)生成の原料となり、サーチュインの働きを活性化します。ILSは高純度で安定性の優れたNMNをご提供します。

NMNとは

 ほとんどの生物に存在する補酵素NAD+(二コチンアミドアデニンジヌクレオチド)の中間代謝産物であり、ビタミンB3(ニコチンアミド)から作られます。
 NMNは、生体内でNAD+の代謝産物であると同時に、NAD+生成の原料となります。電子伝達物質であるNAD+は、タンパク質脱アセチル化酵素 サーチュイン*の基質でもあり、サーチュインの働きを活性化します。

 

*:サーチュインと呼ばれる酵素は、基質であるアセチル化タンパク質のアセチル基をタンパク質から外しますが、外したアセチル基を受け取るのがNAD+です。NAD+が無いとサーチュインはアセチル基を渡すことができないので働きません。NAD+が多いとサーチュインは活発に働き、標的とする様々なタンパク質の脱アセチル化が促進され、脱アセチル化されたタンパク質が持つ機能が高まると考えられます。  

 

 NMNは、生体内でも生成されますが、加齢に伴いその生成能力が低下し、細胞核の損傷やミトコンドリアの活性低下が進むと考えられています。NMNについて、老化(目、血管、筋肉)、脳機能障害及び肥満等に関わる論文が多数報告されています。

PAGE TOP